スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型カワサキZ1000(凄sugomi)【リボルト沖縄】

2014.05.18.Sun.22:29
IMG_7833.jpg
新型カワサキ、Z1000(凄sugomi)バイクコーティング施工が完了致しました。

当店の高輝度LED照明でボディーを確認いたしますと、新車であっても、細かなスクラッチキズが確認できました。

細かなキズがボディーのくすみの原因となりますので、下地処理は塗装の輝きを取り戻すためにも重要であり、またコーティング剤の定着、耐久性をも左右いたします。
バイクの外装パーツを独自開発特殊研磨技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて、最小限の磨きで塗装に負荷をかけず、新車本来の塗装状態を作り上げ、輝きを引き出して参ります。

マフラー、ホイール、フレーム、など磨けるパーツはすべて磨き、表面を整えていきます。

その後は、完全硬化型、ガラス濃度100%のガラスコーティング剤、リボルト・プロをたっぷりと、外装パーツ、エンジン、マフラー、ホイール、フレーム、スイングアーム、電装品、ウインカー、ヘッドライト、テールレンズ、ナンバーとコーティング出来る箇所すべてにコーティングしていきます。

ガラスコーティングを施工する事により、ガラス被膜の艶、光沢が増し加わり、しっとりと濡れたような、仕上がりになります。また未塗装パーツの樹脂部は強調され、メリハリあるクッキリとした状態に仕上ります。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、リボルト沖縄に、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

IMG_7893.jpg
IMG_7859.jpg
IMG_7890.jpg
IMG_7865.jpg
IMG_7783.jpg
IMG_7873.jpg
IMG_7874.jpg
IMG_7872.jpg
IMG_7888.jpg
IMG_7790.jpg
IMG_7821.jpg
IMG_7880.jpg
IMG_7917.jpg
IMG_7900.jpg
IMG_7908.jpg
IMG_7895.jpg
IMG_7806.jpg
IMG_7809.jpg
IMG_7918.jpg
IMG_7916.jpg
IMG_7944.jpg

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

新車の現状【リボルト沖縄】

2014.05.16.Fri.01:41
IMG_7552.jpg

ホンダ、フィットハイブリッド、ガラスコーティング施工が完了致しました。

ホンダ、フィットは初代、2代、3代目とモデルチェンジをおこない、常に販売台数トップの人気車種、更にハイブリッドシステムが加わり、今では販売台数の7割はハイブリッドと、勢い劣る事なく
まだまだ売れ行き好調のフィットハイブリッド。
沖縄にはピッタリでまさしく、「ちょうどいい」コンパクトでエコなお車だと思います。

さてこちらのフィットハイブリッド、新車登録H26年4月30日のおろしたての新車でございます。
当店ご入庫日、H26年5月11日です。

オーナーのY様は当日まで、リボルト・ライトNo,Polish(新車限定コース磨きなし)とリボルト・プロ2つのコースを迷われておりました。

そこで当店の高輝度LED照明下で実際にお車の状態を確認して、適正はコースをおすすめする事にいたしました。ボディーカラーはクリスタル・ブラックパール(黒)となります。
高輝度LED照明で確認したところ、映し出されたボディーが、すごい事になっておりました。
ボディー全体が悲惨な姿に、無数の磨きキズがビッシリとついている状態です。

ここで、間違いなく言える事は、照明と完全密閉状態の室内作業!この2点です。

まずは照明設備

従来の蛍光灯や水銀灯では、キズの見え方が違い、細かなキズまでは確認できません。
また磨いた事で発生する、オーロラ(モヤモヤ)の確認も難しいでしょう。
キズをつけたくて、磨く人はいません、キズが見えなくて、キズを確認する事が出来ない照明設備なので、このようになってしまうのです。

次に作業環境

新車の塗装は柔らかく、簡単にキズが入ってしまいます。拭いただけでもキズが入る位です。
そんな新車の塗装状態を屋根付きの野外作業場や風が吹き込む工場内、または隣で車検整備などしている環境での施工は、完全にキズが入ります。黒の車両なんて怖くて、そんなとこで磨けません。

この2つが重なり、今回のような状態を招く原因だと思います。
キズつきやすい環境で磨き、キズの確認が出来ない照明設備なので、磨いた本人でも気付く事が出来ないまま、お客様に納車されたのではないでしょうか。
ポリッシャーは誰でも簡単に購入でき、使用する事ができますが、綺麗に仕上げるには、磨きに適した、作業環境、照明設備が整っていないといけません。

それでは、ビフォーアフター集をご覧ください。
IMG_7527.jpg
高輝度LED照明でボンネットを確認した所、無数の磨きキズ、スクラッチキズが付き、ボンネット全体が白曇りしております。
IMG_7762.jpg

ラディアス・リボルトグループの特殊研磨技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて、塗装を磨き過ぎず、最小限の磨きで塗装表面を整えてまいります。
キズを取り除き、塗装表面整えていきますと、本来の深い黒がよみがえってきました。


こちらはルーフ(屋根部分)の状態でございます。

IMG_7528.jpg
下地処理後
IMG_7761.jpg

右側リヤドア
IMG_7532.jpg
下地処理後
IMG_7773.jpg

フロント左フェンダー
IMG_7537.jpg
下地処理後
IMG_7764.jpg

今回のケースは、めずらしい事では、ございません。
新車はお客様の手元に届くまで、多くの人の手が加わります。
出荷、保管、運搬、運送、納車前整備、オプション品取付け、外注作業、納車前洗車などで、何らかしら塗装にダメージを受ける事があります。
それを発見、確認出来るには、特殊な照明しかありません。
特殊な照明が無く、そのまま納車されている事が現状です。

本来なら、このような事はあってはいけません。
これから、もっと消費税が上がり、その中で高額な車を購入するのですから。
これからお車を購入されるお客様、新車もそうですが、中古車でも修復歴、内装、試運転も大切ですが、よーく色んな角度から色んな箇所を確認、チェックし、ボディーを見て下さい。

今回のコーティングコースは、高度な下地処理が含まれ、完全硬化型のガラスコーティング剤を使用する、リボルト・プロのコースで施工をさせていただきました。
ご入庫前と比較し、華やかな、クリスタル・ブラックパールになりました。

黒の塗装はお手入れが難しいですが、ガラスコーティング施工する事により、ボディーのダメージを低減する事ができます。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、リボルト沖縄に、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

IMG_7748.jpg
IMG_7749.jpg
IMG_7751.jpg
IMG_7744.jpg
IMG_7717.jpg
IMG_7743.jpg
IMG_7716.jpg
IMG_7729.jpg
IMG_7753.jpg
IMG_7757.jpg
IMG_7622.jpg
IMG_7747.jpg
IMG_7552.jpg
IMG_7605.jpg

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

いつかはクラウン【リボルト沖縄】

2014.05.12.Mon.23:07
IMG_7522.jpg

「いつかはクラウン」そんな時代もありました。
まだ一家に一台の時代、車は高額で冠マークのクラウンは、お金持ちの象徴的自動車でした。
日本の自動車業界をリードしてきた車もまた、クラウンではないでしょうか。

そんなクラウンも今では14代目、そしてハイブリッドへ!

こちらは13代目のクラウン(GWS204)ハイブリッドでございます。ガラスコーティングご用命ありがとうございます。

ホワイトパールクリスタルシャインの綺麗なクラウンです。
当店の高輝度LED照明下で確認いたしますと、細かな洗車キズ、雨ジミが確認できました。

新車登録から数年経過しておりますが、比較的いい状態です。
ですが、ボディーの表面上は目視では確認できない鉄粉が想像以上に付着しています。

白の車両は鉄粉除去剤を使用いたしますと、除去剤が鉄粉に反応し、ムラサキに変色します。
鉄粉の付着量がわかりやすいので、ご紹介いたします。

IMG_7451.jpg
IMG_7452.jpg
IMG_7453.jpg
IMG_7454.jpg

ボディーに付着しておりました、大量の鉄粉を綺麗に取り除きました。

その後は洗車キズ、雨ジミを「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で
ボディー表面を綺麗に整えていきます。
美しく創り上げられたホワイトパールクリスタルシャイン塗装の上からは、次世代のガラスコーティングである、低分子・完全硬化型のリボルトプロ(濃度100%)をたっぷりとコーティングいたします。このコーティング剤は低分子であることで、塗装の隅々までしっかりと入り込み、強いアンカーの役割を果たし、耐久性がグッと増すのです。また、低分子化によりガラス被膜が安定し、被膜の膜厚も従来の高分子タイプのものに比べても2~3倍の膜厚を確保する事が出来るのです。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、リボルト沖縄に、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

IMG_7461.jpg
IMG_7462.jpg
IMG_7467.jpg
IMG_7464.jpg
IMG_7469.jpg
IMG_7475.jpg
IMG_7476.jpg
IMG_7478.jpg
IMG_7481.jpg
IMG_7483.jpg
IMG_7513.jpg
IMG_7496.jpg
IMG_7522.jpg

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

真紅のCB400FOUR【リボルト沖縄】

2014.05.06.Tue.19:19
IMG_7359.jpg

HONDA CB400four バイクコーティングご用命いただきました。

1997年製造販売され、バイクファンの心を掴み、今だかつ人気の高い「通称ヨンフォア」!
ボディーサイズ、排気量、操作性、運転のしやすさから女性ライダーにも人気があります。
純正マフラーは4本出しと、希少価値もありますが、人気のスタイルは、やはり真紅のカラーにブラックのショート管で決まりではないでしょうか。
新型車と比べ、個性、溢れるデザインが時代を超えても、受け継がれている事はまちがいないでしょう。

さて状態はどうでしょうか?
中古車購入でもありましたが、やはり外装パーツには、細かなスクラッチキズがありました。
キズをなくすには、再塗装するか、磨きを入れる方法しかありません。
この下地処理(磨き)も適当に磨いては、いけません。
やみくもに磨いて、塗装膜厚が薄くなると、数年後に色あせ、と言った症状が早く出る可能性が高くなり、結果として、塗装に悪い磨きとなってしまいます。

そこで独自開発特殊研磨技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」の力が発揮されます。車のボディーとは違い、バイクパーツはとてもデリケートです。
塗装の膜厚を出来る限り最小限にとどめる下地処理の技術が「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となっております。

「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で真紅のカラーを最大限に引き出し、深みのある濃い色合いになりました。

下地処理後には、完全硬化型のリボルト・プロでバイク全体のパーツをコーティングして参ります
エンジン・マフラー・外装パーツ・ホイール・スイングアーム・電装部品とコーティング出来る箇所すべてに塗布いたしております。

ガラス濃度100%のリボルト・プロ塗布後は、ガラス被膜特有の艶、輝きが加わり、濡れたような、しっとりとした光沢がプラスされます。

樹脂パーツは重みあるメリハリ感、メッキパーツはより輝き、全体が引き締まります。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、リボルト沖縄に、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

IMG_7378.jpg
IMG_7388.jpg
IMG_7391.jpg
IMG_7392.jpg
IMG_7373.jpg
IMG_7398.jpg
IMG_7417.jpg
IMG_7409.jpg
IMG_7438.jpg
IMG_7375.jpg
IMG_7407.jpg
IMG_7449.jpg


ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。