スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールコーティング

2013.12.30.Mon.19:49
今回は、ホイールコーティングの検証もかねて、ビフォーアフターを紹介したいと思います。

年末ともあり、お家も大掃除、車も洗車し、今年の汚れを残さずに、新しい年を迎えたいですよね。

営業時間外に家族の車を洗車しました。

年式もかなり古く、乗り換えを検討中でございます。(写真は控えさせて頂きます)

こちら、かなり汚れたホイール君です(悲)
以前にホイールコーティング施工済みであります。
IMG_4360.jpg
いくら完全硬化型濃度100%のガラス被膜でホイールをコーティングしても、ここまで汚れを放置して、どうかなと思いましたが、さすがリボルト・プロ期待に答えてくれました。

一部、頑固な汚れはありましたが、比較的、簡単に汚れが落ちました。
常にコーティングと言う仕事をしている自分でも、楽に汚れが落ちるなぁ~と再度、実感しました。

洗車後の写真がこちらです。
IMG_4381.jpg
良く言われる、オシャレは足元から、まさにそうですね!
ホイールもクッキリし、タイヤも黒々とし、とても気持ちがいいですね!
コーティング様様です。

リボルト沖縄では、只今ウィンターキャンペーンを実地中です。期間H25年12月~H26年1月中に、リボルト・プロ or リボルトを施工されたお客様に限り
ホイールコーティング4本(¥12600円)
窓ガラス撥水施工全面(¥13000円~¥16000円)
を無料サービスさせて頂いております。

また、リボルト・ライトをご用命のお客様には、ホイールコーティング4本(サービス)
バイクコーティング施工のお客様には、ヘルメットにコーティングサービス致しております。


当店リボルト沖縄は、完全予約制になっております。お早目のご予約でウィンターキャンペーン特典を
施工同時にぜひ、ご活用下さいませ。

ご予約、お問い合わせ、お待ちしております。


ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com








スポンサーサイト

窓ガラス撥水

2013.12.30.Mon.17:45
今回は、当店リボルト沖縄、プロ仕様の窓ガラス撥水を紹介したいと思います。

私が雨の日に、気になる事がありまして、信号待ちで隣または前方の車を見ると
ワイパーが高速作動で使用されている、お車を結構見かけます。
フロントガラスに油膜がついて視界が悪いため、ワイパーを高速作動させていると思われます。
ワイパーゴムまで、水切れが悪いなら、なおさら大変です。
安全のため、ワイパーゴムは1年毎に交換しましょう。
ゴムだけの交換でしたら、部品代、左右で¥2000程度です。(国産車)

車を運転されている方なら、誰でも経験あると思いますが、
雨の日の夜間走行、対向車のヘッドライトで、フロントガラスがギラつき、視界が悪くなる。
オレンジ色の街頭の下を通過すると、一瞬視界が悪くなる。

など、すべてフロントガラスの油膜が影響しております。

なぜ窓ガラスに油膜が着くのでしょうか?
(色々、要因が考えられます)

◆空気中の油分が付着してしまう。
◆アスファルト(特に舗装したての路面)の油分が前を走行している車両のタイヤから飛ばされガラスに付着してしまう
 (雨の日は特に水しぶきが上がり付着しやすい)
◆排気ガスも油分を含んでいます(バス、トラックなどの黒煙など)
◆ 車のボディワックスも油膜になる原因の一つです。

そのほかにも様々な原因はありますが、ここにあげた原因の一例は車社会で生活している以上、防ぎきれないことです。
定期的にガラスの油膜を取ってあげる事が必要になります。

リボルト沖縄の窓ガラス撥水施工は、窓ガラスの下地処理をおこない、油膜をしっかりと取り除きます。
油膜除去剤と窓ガラス専用の機械を使い下地を整えます。
IMG_4358窓ガラス撥水施工

油膜除去剤と窓ガラス専用の機械を組み合す事で、窓ガラスに付着した、雨ジミ(ウォータースポット)の除去も
可能になります。
IMG_4357.jpg
長年、蓄積された、雨ジミ、よく見かけますね。
IMG_4364.jpg
こんなに綺麗になりました。このお車の雨ジミは軽度ですぐにとれましたが、中には頑固でなかなか落ちない物のあります。

窓ガラスの下地処理が終わりました。なにをするにも下地処理は大切です。
(料理も、したごしらえで味が変わりますからね)

ユーザーご自身で、ガラコを購入し、お塗りになる際は、以外と油膜は落とさず、油膜がついている上から、ガラコを
塗るケースが多いと思います。
油膜を落とさずに塗り込むと、

◆耐久性が落ちる
◆ムラになる
◆撥水はしても、ギラギラ眩しい  などの症状がでると思われます。

またシリコン系のガラコを使用すると、うっすら油のようなモヤモヤが残り、視界を妨げます。


それでは、わかりやすいように、半分だけ、窓ガラス撥水を施工してみましょう。
IMG_4367.jpg
写真の中央部をテープで区切り、左部分のみ、窓ガラス撥水をおこないました。

IMG_4372.jpg
左側は綺麗に撥水し、右側はドロドロと水が流れております。

残り半分、右側にも窓ガラス撥水施工をおこないました。
全体の様子を動画でご覧ください。
[広告] VPS

窓ガラス撥水は、得に高速道路を良くお使いになられるお客様、または、女性のお客様におすすめです。
今回、窓ガラス撥水施工と一緒にワイパーゴムも交換致しました。
これで突然の雨も心配いりません、逆に雨のドライブが楽しくなると思います。

窓ガラス撥水施工料金!ガラスコーティング施工時、ご一緒にされますと、かなり格安となります。
フロントガラス¥4320円 各ドアガラス1枚/¥1620円 リヤガラス¥3240円 サンルーフ¥3240円です。

窓ガラス撥水施工のみの料金!(通常価格)
フロントガラス¥6480円 各ドアガラス1枚¥2430円 リヤガラス¥4860円 サンルーフ¥4860円となっております。

梅雨時期前に、奥様のお車、または彼女さんのお車のフロントガラスに施工されてはいかがでしょうか。
雨が降らないと分からない商品でありますが、思いやりの気持ちがうれしいかと思われます。

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから








リボルト沖縄 ウィンターキャンペーン!

2013.12.19.Thu.18:49
ウィンターキャンペーン
只今、リボルト沖縄では、ウィンターキャンペーンを実地中です。

期間(H25年12月~H26年1月中)リボルト・プロ Or リボルトを施工されたお客様に限り
ホイールコーティング4本【12600円】と窓ガラス撥水コーティング全面【13000円~16000円】を
無料サービスで施工させていただいております。


また、リボルト・ライトコースのお客様には、ホイールコーティング4本のみを無料サービスしております。

この機会に是非、愛車をリフレッシュ!


バイクウィンターキャンペーン

バイクコーティングも随時、ご予約受け付けております。

ウィンターキャンペーン中にバイクコーティングを施工されますと、
ヘルメットにガラスコーティング施工、無料サービス致しております。


沖縄の厳しい環境、強い紫外線の中、頑張ってくれた愛車を、日差しが弱くなってきた、
この時期にボディーのフルメンテナンスはいかがでしょうか?

リボルト沖縄は年内休まず営業しておりますので、お問い合わせ、ご予約お待ちしております。
(年始は1月1日のみ、お休みさせて頂きます。)

ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com






フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランTSIハイライン

2013.12.16.Mon.15:15
IMG_3983.jpg
フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランTSIハイラインのご入庫です。

2011年発売、テールレンズが縦型から横型に変更され、高速走行時に急ブレーキをかけると、ブレーキランプが点滅し、後続車に注意を促す機能「エマージェンシーストップシグナル」装備!
ヘッドライト内に特徴的なLEDポジショニングランプが埋まり若返った印象のトゥーランです。

こちらのお車、新車登録から2年程たっておりますが、車庫付きの自宅で保管、休日以外は、ほとん
どお乗りにならないとの事です。車庫保管ともあって、とても綺麗な状態です。

それでは、当店の高輝度LED照明でボディーをみてみましょう。
とても綺麗な状態でしたが、細かな洗車キズが確認されました。


作業を進めている中、注意深くボディーを見ていると、ん?なんだこれ?
見つけてしまいました。フロント左ドアのみだけに、人の手が加えられた磨きの跡です。
IMG_3926.jpg
IMG_3931.jpg
2か所もありました。
新車納車時に、なんらかの理由で手を加えたのでしょう。
リボルト沖縄では、入庫時、お客様とご一緒にボディーの状態、キズのチェックをさせてもらっておりますが、その時点では確認できませんでしたが、高輝度LED照明下だと、この様なキズも確認できます。
ディーラー工場内の従来型蛍光灯や水銀灯は光が散乱し、車のボディーをしっかりと照らす事が出来ませんので、小キズや磨きムラの確認は難しいと思われます。
当店リボルト沖縄の照明はすべてLEDを使用しております、LEDは直線的に光が放たれる特性がありますので、ボディーをしっかりと照らしてくれます。

ラディアス・リボルトグループ独自開発の下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて、その磨きムラも含め、ボディ全体の下地処理を行いましょう。
「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」とは最低限の磨きで最大限のクオリティーを発揮できる、特殊な下地処理技術です。
磨きが難しいと言われる黒のカラーでも、磨きムラやバフキズ、オーロラが出る心配はございません
どの様なカラーにでも対応できる特殊な研磨技術です。

下地処理が終わりました。

IMG_3971.jpg
IMG_3960.jpg
綺麗に取り除く事ができました。

ボディーを平滑に整えたあとは低分子、完全硬化型コーティング剤リボルト。プロの2層コーティングでボディ全体を保護致します。低分子タイプのため、塗装のすみずみまで浸透し、耐久性、保護性能にすぐれており、また膜厚が3~4μmと他のガラスコーティングと比較して圧倒的な厚さですので、しっとりとした艶がプラスされました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

IMG_3990251209.jpg
IMG_3991251209.jpg
IMG_4004.jpg
IMG_4021.jpg
IMG_4028.jpg
IMG_4034.jpg
IMG_4036.jpg
IMG_4044.jpg


ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com


ドメイン指定の設定、解除のご確認

2013.12.15.Sun.16:09
ドメイン指定
この度はリボルト沖縄に沢山のお問い合わせ頂き誠にありがとうございます。

最近ではスマートフォンの需要も増えてきており、ほとんどがスマートフォンユーザーではないでしょうか!
スマートフォンからのお問い合わせも数多く、大変嬉しい限りでございます。

携帯端末のメールからのお問い合わせの中で、こちらからの送信が拒否されて、お見積りのご連絡が届かないケースがございます。(ドコモのSPモードメールや au eメールなど)

リボルト沖縄では、お客様のお問い合わせの返事を出来るだけ早くお答えするように心掛けております。

大変お手数をおかけいたしますが、携帯端末機のドメイン設定をご確認の上、ドメイン指定受信にて下記ドメインを指定して下さい。

revolt@revolt-okinawa.com

ドメイン指定を設定する事により、お客様のお問い合わせに、よりスムーズな回答が出来るようになります。
疑問、質問、随時お問い合わせ受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。


ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com





スーパーエクストラ・リモ・スタンダードルーフ SR40G ノア

2013.12.15.Sun.02:04
IMG_4268.jpg
スーパーエクストラ・リモ・スタンダードルーフSR40G・ノアのご入庫です。

こちらのお車、H13年式の後期最終型モデルです。

オーナー様のお話では、新車で購入され、日々の洗車やディーラーでの定期的な整備メンテナンスをしっかりとおこなっており、12年間の思い出が沢山あり、これからも大事にしていきたいとお話されておられ、それで今回、ボディーの心配もあり、当店でガラスコーティング施工のご用命を頂きました。誠にありがとうございます。

それでは、当店の高輝度LED照明下でボディーの状態を確認いたします。
オーナー様の普段のお手入れが行き届いておられ、非常に、いい状態でございましたが、細かな洗車キズが確認出来ました。

ボディーの状態は良好でしたが、12年と長い年月、沖縄の厳しい環境、強い紫外線、潮風にさらされて樹脂パーツが白く変色し、かなりの劣化が進んでいました。

こちら、フロント、カウルトップの状態です。

IMG_4117.jpg
オーナー様と、ご相談の上、今回別途追加料金を頂きこちらのカウルトップまでのコーティング剤、塗布をする事になりました。
正直、ここまで劣化した樹脂パーツがどの位、回復するか心配でしたが、さすが濃度100%の
リボルト・プロ、ここまでカウルトップが蘇りました。ご覧ください。
IMG_4161.jpg
最初は艶もなく、黒というより、灰色がかったような状態でしたが、リボルト・プロ塗布後は、黒くしっとりと、うるおい感がでてメリハリのある状態になりました。

こちらもご覧ください。
フロントバンパーの樹脂部分です。劣化が進み変色してます。

IMG_4089.jpg
リボルト・プロ塗布後
IMG_4184.jpg

こちらも綺麗になりました。

リボルト・プロは樹脂パーツ、モール、バイザー、ヘッドライト、テールレンズにも塗布する事ができます。塗布する事により、大幅にパーツの劣化を遅らせることができます。
また、ガラス被膜、本来の艶と輝きが得られ、黒はより黒く、メッキはより輝き、パーツの存在感が引きたち、くっきりといたします。
新車時または早めの段階で施工いたしますと、より効果が期待できます。



こちらのピラー、キズ、雨染み等でカサカサの状態です。

IMG_4123.jpg


わかりやすいように半分だけ磨いてみましょう。
IMG_4130.jpg
これほどまでに綺麗になると、すごく気持ちがいいものですね。
こちらのピラーは黒の塗装仕上げになっていましたので、磨くとこのように綺麗になります。
最近のお車は、ピラーにシールが張られていたり、プラスチック製のピラーになっていたりと、
車種によって様々ですが、新車直後にリボルト・プロを施工される事をおすすめ致します。
IMG_4141251214.jpg
新車当時は、このような状態だったと思われます。

ラディアス・リボルトグループ独自開発の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にてピラーのみならずボディー全体を平滑に仕上げて参ります。
「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は最小限の磨きで最大限のボディーの状態を作り出す、特殊研磨で、どのようなカラーにも対応しております。

「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」により塗装がしっかりと整いました。
その後、低分子、完全硬化型ガラス濃度100%のリボルト・プロでガッチリと車全体を保護いたします。現在、主流である、高分子型ではなく、低分子型になることで、塗装の隅々まで、しっかりと入り込み、アンカーの役割を果たし、耐久性がアップします。また、低分子になることで、被膜自体が緻密に安定化し、被膜自体の劣化を防ぐことが出来るようになるのです。
リボルト・プロは3μm~4μmと圧倒的は膜厚を確保しており、外部環境からの保護性能に優れております。

施工後、パールホワイトの綺麗は質感と艶、輝き、樹脂パーツは黒くしっとりと、その他のパーツはくっきり、存在感が得られ、お引き渡しの際に、すごく喜んで頂けました。

納車時、リボルト沖縄では、メンテナンスリキッドをお客様にお渡ししております。
セット内容(メンテナンスリキッド、カーシャンプー、マイクロファイバークロス2枚)
その際、基本的な洗車方法やメンテナンス時期、お客様の疑問、質問などにお答えし、いつまでも綺麗な状態を保てるようにアドバイスも致しております。

IMG_4271.jpg

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

IMG_4198.jpg
IMG_4256.jpg
IMG_4200.jpg
IMG_4203.jpg
IMG_4210.jpg
IMG_4243.jpg
IMG_4241.jpg
IMG_4221.jpg
IMG_4268.jpg


ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com

年末年始のご案内

2013.12.14.Sat.17:43
店舗案内
リボルト沖縄、年末年始、営業日のご案内です。

リボルト沖縄は年内、休まず営業しております。
年始の1月1日だけは、誠に恐れ入りますが、お店を休みとさせて頂きます。

また年内中の施工には、まだ空きがございますので、お早目にお問い合わせ、ご予約お願い致します。
当店は完全予約制になっておりますので、予約がいっぱいになり次第、来年へと案内させて頂きます。

随時、お問い合わせ、ご予約、受け付けておりますのでお気軽にご相談下さいませ。
営業時間:AM9:30~PM8:00

ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com

マスキングの重要性と落とし穴!

2013.12.14.Sat.00:14
今回は少しマニアックなお話をしたいと思います。
ブログをお読みになられているお客様には、業界的なお話で難しいと思いますが、
我々コーティング業のお仕事では、かなり重要で、すごく神経を使う作業です。

その作業とは、マスキングです。IMG_4145.jpg
マスキングとは、下地処理作業前に、モール類、樹脂パーツ、各パーツを保護するために、前もって、上記のテープを張り付けて、磨き作業中の、キズつけ防止やコンパウンド付着防止、細かな隙間にコンパウンドが入らないために事前にテープを張る作業です。

コーティングの作業工程にも、色んなやり方が存在します。
磨き後の脱脂工程では、脱脂剤を用いてパネル毎に脱脂をする方法、もう一度洗車にて洗い流しで脱脂をする方法、作業のやり方次第で、マスキングの張り方、方法が変わってきます。

パネル毎に脱脂剤を用いて脱脂をするやり方では、磨き作業中に出るコンパウンドの磨きカス(白に粉)が、ありとあらゆる隙間に入らないようにするため、車全体のありとあらゆる隙間をマスキングしていきます。

洗車にて脱脂をする方法は、隙間に磨きカス(白い粉)が入っても、水でしっかりと流す事が出来るので、マスキングも最小限にておこなえます。

マスキングは脱脂作業の工程のためにあるわけではなく、あくまでも各パーツを守るためにおこなう作業です。

それでは本題に入りたいと思います。

マスキングは各パーツを守るためと言いましたが、守るためなら、マスキングはしっかりと、ありとあらゆる箇所をマスキングした方がいいと思いますよね!

そこには、落とし穴が沢山、隠れているのです。

マスキング作業をおこなった方には、少なくとも経験した事があると思いますが、一番よくあるケースが
新車まもないお車のモールにマスキングを張り、はがしてみると、マスキングのあとが付いてしまって、落ちない

サイドステップにマスキングを張り、はがしてみると、薄いゴム部のパーツが一緒に剥がれたきたなど経験があると思います。

また新車のみならず、低年式車、旧車、再塗装車、外車に多く見られる、塗装の剥がれです。
このように!IMG_4102.jpg
この状態で樹脂パーツを保護するために、マスキングをおこなうと、はがした際に塗装も一緒に剥がれてきます。
プラモデルを塗装したり、ペンキ塗りをして、保護テープを剥がした際に一緒に剥がれた経験はないでしょうか?
コーティング作業の中でも、それと同じ事が起こります。

じゃーマスキングは出来ないの?パーツを傷つけてしまうでしょ?疑問もでますよね!

リボルト沖縄では、なにをするにも、よく考えて作業をします。
上の写真のような状態ですと、マスキングは避けて、各種小道具を用いて、綺麗に磨き上げていきます。
マスキングをする際には、テープの粘着力を落として、その磨く箇所だけにマスキングをし、磨き終わるとすぐにマスキングをはずします。剥がす時もゆっくりと!勢いよくとると、最悪塗装までとれてしまいます。
最初に車、全体にマスキングをしてしまうと、長時間放置する事になり、モール類、樹脂パーツがテープの、のりで変色し、跡が残り、落ちないです。

まだまだ、コーティング=マスキングびっしりという、施工店もございます。
そんな施工店と直接、お話したわけではございませんが、こんなにマスキングして大丈夫なのか、心配にもなります。

マスキングはパーツを保護するために重要です。でもそこには、落とし穴があり、モールを痛めてしまったり、塗装を剥がしてしまう危険性もあります。

リボルト沖縄では、常に高いクオリティーを目指し、常に考えて施工させて頂いております。
たかがマスキング、されどマスキングです。
IMG_4153.jpg
作業の一つ一つ、意味があり、そこには危険がある、という意識で取組でおります。

ガラスコーティング専門ショップ リボリト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com




エンブレムも綺麗に!

2013.12.10.Tue.12:07
コーティング施工の基本でもありますが、隅、角、隙間をしっかりと確認、綺麗に仕上げる事が大事です。

車のお手入れで普段忘れがちな場所ですよね!

また、このような箇所はお手入れが行き届きにくいですので、長い年月がたつと、水アカ、水ジミ、汚れが蓄積し

特に白のお車などでわかりやすいですが、黒ずんできて、なんとなくパッとしない印象になってしまいます。

こちらH10年式のAE110カローラのエンブレムです。15年分の汚れがビッシリと!

隅々には固形ワックスの拭き残し、エンブレムの中には水アカが付着して、くすんでおります。
エンブレム自体にも細かなキズが入っております。汚いトヨタマーク
汚いカローラマーク

リボルト沖縄では、このような状態でも、丁寧に磨き込み、汚れ、水アカを取り除き、長年にわたり蓄積された
汚れも綺麗に致しております。
トヨタエンブレム
カローラエンブレム
中古車や新車登録から数年経過したお車でも、しっかりと隅々を綺麗に致します。

綺麗になった、その上から、当店おすすめの完全硬化型ガラスコーティング剤(濃度100%)のリボルト・プロで
ガッチリと包み込みます。ガラスコーティング被膜によりボディーはしっとりと、なめらかになり、メッキパーツはより、輝きを増します。
リボルト・プロは低分子配列に成功し、塗装の隅々にまで行きわたり、コーティング剤がアンカーの役割をはたしますので、耐久性、保護性能が格段にUPします。
また膜厚も3μm~4μmを確保しておりますので施工後は洗車キズが付きにくく、長期に渡り汚れ、水アカ、雨染みから、お車を守ります。

新車登録直後に施工される事をおすすめ致しております。
(車の状態、汚れ度合いによっては別途追加料金を頂く事がございますので、お気軽にご相談下さいませ)

ガラスコーティング専門ショップ   リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com


膜厚計で塗装の診断チェック

2013.12.09.Mon.01:27
こんにちわ、リボルト沖縄 照屋です。

みなさん、車の塗装の厚さって(膜厚)、どの位あるかご存じですか?
メーカー、年式、車種、によって違いはありますが、一般的な膜厚は150μmです。
1μmが0.001mmになりますので、150μmだと、わずか0.15mmになります。
厚さと表現するより、薄さと言ったほうがいいほど、塗装は薄いですね!

今ではよく、コーティングの、のぼり、チラシ、パンフレットをみかけます。
サービスメニューとして、ディーラー、中古車販売、カーショップ、整備工場、ガソリンスタンド、コーティングショップ、数多くのお店で取り扱われる様になりました。
数あるお店の中で、膜厚計を用いてしっかり塗装状態を把握して、下地処理作業を行っているお店はあるのでしょうか?

県内の中古車の展示車を見た事がございました。仕入れたお車をやみくもに磨いたのでしょう。
思わず声が出る程(うゎ~)磨きムラがモヤモヤとすごい状態でした。
やみくもに磨けば、塗装は無くなり下地が出てきます。塗装の磨ける範囲には限りがございます。
磨く前に、まずは塗装の膜厚を知る事が必要です。

まずはこちらをご覧下さい。VW膜厚
こちら、H23年登録、走行距離4884キロの外国車のボンネット中央部の膜厚表示です。

表示の上部が測定直前の膜厚160μm
左側の2点は最大値167μm 最小値160μm
右側の2点は平均値162μm 測定回数5回

膜厚は薄く、精密機器での測定になりますので、最低5回は測定し、最小値を目安にしましょう。
このボンネットの場合は160μmです。

もう1台測定してみましょう。Z膜厚
こちらはH22年登録、走行距離9342キロの国産車のボンネット中央部の膜厚表示です。

表示の上部が測定直前の膜厚102μm
左側の2点は最大値105μm 最小値101μm
右側の2点は平均値103μm 測定回数5回

最小値を基準にすると101μmです。

この差はすごいですね、約60μmの差です。
測定の結果から、この2台を同じように磨きくことは出来ません。
磨き方、力のかけ方、コンパウンド選び、マシン選択など、塗装状態に応じた磨きを行わなければなりません。
ラディアス・リボルトグループでは長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報、技術ネットワークなどをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来ます。

車によって膜厚は違います。同じ車種でも膜厚は違います。
メーカー、車種、年式、使われ方、環境、保管状態、洗車回数、板金履歴、新車でも膜厚は異なります。

私は膜厚を計らずにして磨く事は出来ません。わずか0.15μmの限られた膜厚なのですから。

リボルト沖縄では、パネルごとに膜厚を測定し、確認しながら作業を進めさせて頂いております。
また、ラディアス・リボルトグループ独自開発下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて塗装の膜厚を最小限の磨きで最大限のクオリティーを提供出来る、技術で施工致しておりますので安心しておまかせ下さい。


ガラスコーティング専門ショップ  リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
HP:http://www.revolt-okinawa.com/
Mail:revolt@revolt-okinawa.com



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。