FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリアな視界で車内からの景色が変わる!【リボルト沖縄】

2015.12.18.Fri.21:05
IMG_6582271218.jpg

リボルト沖縄の窓ガラス撥水施工をご紹介いたします。

使用する撥水剤は耐久性に優れたフッ素コート仕様になります。窓ガラスの撥水性を高めドライバーへの良好な視界を保ち、快適なドライビングのお手伝いをさせて頂いております。
注意してもらいたいポイントがあります。撥水剤を塗るだけではクリアな窓ガラスを作り上げる事はできません。撥水性は高まりますが、窓ガラスの汚れは想像以上に不純物が付着しているものであります。それらをしっかりと取り除きコートする必要があります。

まずは窓ガラスの下地処理が大切です。手磨きでは落ちない頑固な汚れもありますので、手磨き仕上げでは不十分です。
窓ガラス専用の機械を使用し、丹念に窓ガラスの下地を整える必要がございます。
その後、窓ガラスの油分をしっかりと脱脂し、撥水処理の作業に入ります。
撥水剤をガラスに塗り込み、最低2時間つけ置きし定着させております。

2時間経過後、窓ガラスの内側、外側を清掃し、クリアで綺麗な窓ガラスの完成となります。
IMG_6607271218.jpg

車内から見たドライバー目線での視界です。綺麗ですよね!
IMG_6598271218.jpg

忘れがちな窓ガラスのメンテナンス、専門店ならではの質の高い商品を提供いたします。
ワイパーゴムの交換も1年毎に交換されると、より安全・安心ですね。

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

スポンサーサイト

窓ガラスのイオンデポジット除去【リボルト沖縄】

2015.01.24.Sat.00:56
お車の塗装面(ボディー)のみならず、窓ガラスにも、環境、管理状態によっては雨ジミはついてしまうものであります。
自動車業界では、このようなシミをイオンデポジット、ウォータースポット、などと呼ばれ、窓ガラスにウロコ状のシミとなってあらわれます。

これらの発生は主に水分の自然蒸発、(水分を乾かした)事によっておこります。
特に多い事例では、お車の洗車時または拭き上げ時に、水分が乾きシミとなるケース。
お車を雨ざらしの状態で長期保管、濡れたお車がそのまま自然乾燥しシミとなるケース。
最近よく目にするドライブスルー洗車、洗車機を通すだけで拭き上げなしの格安コース、これはシミの発生率を高める可能性があり、綺麗にするはずの洗車が逆にシミを作ってしまう事になりそうです。

水分の中には、カルシウム、シリカ、マグネシウム、ナトリウムなどの成分が含まれており、急激な熱により水分のみ蒸発し、その成分がボディーまたはガラス面に残り白い輪っかのような跡が残ります。
1月とは言え日中、日がさせば、まだまだ乾きやすい状況でありますので、洗車時、拭き上げ時に水分が乾かない工夫や急な雨でお車が濡れた時も、そのまま放置せず、早目に対処する事がイオンデポジットの予防につながります。

現在、施工中のお車の窓ガラスに、イオンデポジットが固着しており、拭いても、落ちない状態となっておりました。
IMG_5279.jpg

窓ガラスのイオンデポジットを除去して綺麗にいたしました。
IMG_5283.jpg

コーティング施工料金には、窓ガラス撥水、または窓ガラスのシミ除去作業は含まれておりません。
シミの度合いも様々であります。軽度のシミ、頑固なシミと状態によって除去作業時間が異なってまいります。
イオンデポジット除去料金は、状態によって異なりますので、状態を確認させて頂いたうえでお見積りさせて頂いております。詳しくはお問い合わせ、ご相談下さいませ。

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

窓ガラス撥水

2013.12.30.Mon.17:45
今回は、当店リボルト沖縄、プロ仕様の窓ガラス撥水を紹介したいと思います。

私が雨の日に、気になる事がありまして、信号待ちで隣または前方の車を見ると
ワイパーが高速作動で使用されている、お車を結構見かけます。
フロントガラスに油膜がついて視界が悪いため、ワイパーを高速作動させていると思われます。
ワイパーゴムまで、水切れが悪いなら、なおさら大変です。
安全のため、ワイパーゴムは1年毎に交換しましょう。
ゴムだけの交換でしたら、部品代、左右で¥2000程度です。(国産車)

車を運転されている方なら、誰でも経験あると思いますが、
雨の日の夜間走行、対向車のヘッドライトで、フロントガラスがギラつき、視界が悪くなる。
オレンジ色の街頭の下を通過すると、一瞬視界が悪くなる。

など、すべてフロントガラスの油膜が影響しております。

なぜ窓ガラスに油膜が着くのでしょうか?
(色々、要因が考えられます)

◆空気中の油分が付着してしまう。
◆アスファルト(特に舗装したての路面)の油分が前を走行している車両のタイヤから飛ばされガラスに付着してしまう
 (雨の日は特に水しぶきが上がり付着しやすい)
◆排気ガスも油分を含んでいます(バス、トラックなどの黒煙など)
◆ 車のボディワックスも油膜になる原因の一つです。

そのほかにも様々な原因はありますが、ここにあげた原因の一例は車社会で生活している以上、防ぎきれないことです。
定期的にガラスの油膜を取ってあげる事が必要になります。

リボルト沖縄の窓ガラス撥水施工は、窓ガラスの下地処理をおこない、油膜をしっかりと取り除きます。
油膜除去剤と窓ガラス専用の機械を使い下地を整えます。
IMG_4358窓ガラス撥水施工

油膜除去剤と窓ガラス専用の機械を組み合す事で、窓ガラスに付着した、雨ジミ(ウォータースポット)の除去も
可能になります。
IMG_4357.jpg
長年、蓄積された、雨ジミ、よく見かけますね。
IMG_4364.jpg
こんなに綺麗になりました。このお車の雨ジミは軽度ですぐにとれましたが、中には頑固でなかなか落ちない物のあります。

窓ガラスの下地処理が終わりました。なにをするにも下地処理は大切です。
(料理も、したごしらえで味が変わりますからね)

ユーザーご自身で、ガラコを購入し、お塗りになる際は、以外と油膜は落とさず、油膜がついている上から、ガラコを
塗るケースが多いと思います。
油膜を落とさずに塗り込むと、

◆耐久性が落ちる
◆ムラになる
◆撥水はしても、ギラギラ眩しい  などの症状がでると思われます。

またシリコン系のガラコを使用すると、うっすら油のようなモヤモヤが残り、視界を妨げます。


それでは、わかりやすいように、半分だけ、窓ガラス撥水を施工してみましょう。
IMG_4367.jpg
写真の中央部をテープで区切り、左部分のみ、窓ガラス撥水をおこないました。

IMG_4372.jpg
左側は綺麗に撥水し、右側はドロドロと水が流れております。

残り半分、右側にも窓ガラス撥水施工をおこないました。
全体の様子を動画でご覧ください。
[広告] VPS

窓ガラス撥水は、得に高速道路を良くお使いになられるお客様、または、女性のお客様におすすめです。
今回、窓ガラス撥水施工と一緒にワイパーゴムも交換致しました。
これで突然の雨も心配いりません、逆に雨のドライブが楽しくなると思います。

窓ガラス撥水施工料金!ガラスコーティング施工時、ご一緒にされますと、かなり格安となります。
フロントガラス¥4320円 各ドアガラス1枚/¥1620円 リヤガラス¥3240円 サンルーフ¥3240円です。

窓ガラス撥水施工のみの料金!(通常価格)
フロントガラス¥6480円 各ドアガラス1枚¥2430円 リヤガラス¥4860円 サンルーフ¥4860円となっております。

梅雨時期前に、奥様のお車、または彼女さんのお車のフロントガラスに施工されてはいかがでしょうか。
雨が降らないと分からない商品でありますが、思いやりの気持ちがうれしいかと思われます。

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。